エーペックスレジェンズ グローバルシリーズ プロリーグスプリット2について

エーペックスレジェンズ グローバルシリーズ プロリーグスプリット2について

配信からわずか2年でプレイヤー人口は世界で1億人を突破しているバトルロイヤルシューティングゲーム『エーペックス』。その世界大会「エーペックスレジェンズ グローバルシリーズ(ALGS)プロリーグスプリット1」が終わり、ALGSのプロリーグスプリット2が始まりました。ALGSプロリーグスプリット1から名称変更されたチームもあり、さらにALGSでの変更点などもいくつかあります。

3月12日からプロリーグスプリット 2が開催!

北米、南米、北アジア太平洋と南アジア太平洋では、3月12日より大会を再開しましたが、ヨーロッパ・中東・アフリカ地域(EMEA)での大会は、ウクライナ情勢のためにALGSの全てのイベントが一旦延期となっています。ヨーロッパ・中東・アフリカ地域のリージョングループでの日程が明らかではありませんが、大幅に変更されると予想されます。

ALGSプロリーグスプリット2は、オンラインレギュラーシーズンとなっており開催日程は以下の通りです。

  • Week 1 /2022年3月12日(土)
  • Week 2 /2022年3月13日(日)
  • Week 3 /2022年3月19日(土)
  • Week 4 /2022年3月20日(日)
  • Week 5 /2022年3月26日(土)
  • Week 6 /2022年3月27日(日)

プロリーグスプリット1からの変更点

プロリーグスプリット1で採用されたマップは「ワールズエッジ」のみでしたが、プロリーグスプリット2からは「ワールズエッジ」と「ストームポイント」のマップが採用されています。

ストームポイントの採用に関しては賛否両論がありますが、やはりもう1マップを採用されることで楽しみが倍になりますね!マップごとに各チームの構成が変化するのは見応えがあります。

さらに、プレースメントポイントも変更され、プロリーグスプリット1では1試合ごとのキルポイントと順位ポイントがプレースメントポイントにも適用されていましたが、プロリーグスプリット2は各順位に応じて細かく設定されているため、1つでも順位を上げることが重要になりました。

もう一つ変更された点は、プロリーグスプリット2のプレイオフへの出場条件です。近頃の情勢のため、各リージョンでのプレイオフに変更となり、各リージョンごとに出場枠が新たに定められます。北米、北アジア太平洋とEMEAリージョンはプロリーグスプリット2の上位10チーム、南アジア太平洋と南米リージョンは上位5チームがプレイオフグスプリット2への出場権を獲得します。

プレイオフグスプリット2はオフラインでの世界大会が予定されていますが、オンラインでのプレイオフが行われる可能性もまだあります。

ALGS APAC North プロリーグスプリット2の出場40チーム日本チームが出場するリージョン

グループ分けに関してはスネークドラフト方式が採用され、グループ分けは以下の通りになりました。

GroupA

  • αD
  • FC Destroy
  • GTS
  • Lag Gaming
  • FAV Gaming
  • FOR7
  • ORTHROS FANG
  • YOSHIMOTO Gaming (Ark5)
  • ReA Herja
  • DAIKIN

GroupB

  • Team UNITE
  • REJECT
  • RIG
  • RxR Clover
  • United Crew y
  • LEDIAN MAGICAL
  • catJAM
  • FA Kids
  • LFT wac
  • RadicalPopGaming
  • AVALON Gaming

GroupC

  • Flora
  • Quintette Fortissimo
  • GameWith
  • Riddle456
  • D4RK Esports
  • Meteor
  • ALViViD (Apexers)
  • TEQWING
  • BEXT e-Sports
  • Root union Gaming

GroupD

  • V3 VEGA
  • FENNEL
  • Crazy Raccoon
  • IGZIST (CTGいぶし銀)
  • DETONATOR
  • DONUTS USG
  • Ravens Zero
  • Northeption
  • CYCLOPS athlete gaming (NegiNuki)
  • FUNNY LOCO

ALGSプロリーグスプリット2の賞金プール

ALGSプロリーグスプリット2での賞金総額は、史上最高額となる500万ドルとなっており、ALGS APAC North プロリーグスプリット2では12万5,000ドルが以下のようにチーム間で分配されます。

  • 1位 ― 30,000ドル
  • 2位 ― 15,000ドル
  • 3位 ― 12,500ドル
  • 4位 ― 10,000ドル
  • 5位 ― 7,500ドル
  • 6~7位 ― 6,000ドル
  • 8~10位 ― 4,500ドル
  • 11~15位 ― 3,000ドル
  • 16~20位 ― 1,800ドル

最後に

ALGSのプレイオフに関しては正式に決定されておりませんが、5月開催の予定となっています。そして、プレイオフグスプリット2を終えたら、2年目を迎えるエーペックスレジェンズグローバルシリーズのグローバルチャンピオンシップですが、こちらは7月開催予定です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。