【APEX】シーズン15いつからいつまで?キャラやマップ、バトルパスも解説

【APEX】シーズン15いつからいつまで?キャラやマップ、バトルパスも解説

APEX LEGENDS(エーペックス レジェンズ)のシーズン15では、新たな舞台「ブロークンムーン」でのバトルが繰り広げられ、ゲームプレイに革新的な要素が追加されましたね。さらに新レジェンド「カタリスト」が登場し、彼女の特異なアビリティが戦局を左右しました。本記事では、APEX シーズン15の開催期間や新要素、注目の追加キャラクターやマップについて詳しく解説します。

シーズン15の期間

「エクリプス」というタイトルのAPEX シーズン15は、2022年11月2日(水)2時から2023年2月15日(水)2時までの期間でした。約3か月間、つまり104日にわたって続いたこのAPEX シーズン15は、Apex Legendsの歴史の中で2番目に長い期間となっています。

シーズン15のバトルパス

シーズン15のバトルパスは、目を引く紫色が特徴的です。今シーズンもレヴナント、カタリスト、シア、ローバ、アッシュなど、複数のキャラクターのスキンがラインアップに追加され、進化式の武器スキン「チャージライフル」などが報酬として獲得できました。

シーズン15で追加されたレジェンド

APEX シーズン15では新たなレジェンドとして「カタリスト」が登場しています。彼女は磁性体を利用した防衛的なアビリティを駆使し、戦術的なプレイが求められます。

カタリストの能力

パッシブコントローラークラス:調査ビーコンを活用することで、次の安置の位置を特定できます。

バリケード:強化されたドアは丈夫になり、敵は開けることができません。また、ドアが破壊された箇所も補強することが可能です。

戦術スパイクストリップ:カタリストは近づく敵に対して、磁性流体でできたスパイクを投げます。この際、敵のスパイクからの影響はカタリストに及びません。
ウルトフェロバリケード:磁性流体で透明な壁を生成し、その壁を通過した敵は移動速度が低下し、一時的に視界が制限されます。

シーズン15で追加されたマップ

APEX シーズン15では新マップとして「ブロークンムーン」が追加されました。ブロークンムーンは他のマップよりも16のランドマークが少なく、特に印象的です。さらに、マップ上の赤い線は新たな移動手段であるジップレールを示しています。このブロークンムーンでは、ジップラインと同じように利用できますが、より迅速に移動することができるのが特筆されます。シーズン15ではランドマークや新しいギミックが導入され、プレイヤーたちに新たな戦術や展開を要求しましたね。

さらに、APEX シーズン15のマップローテーションは、「ブロークンムーン」「オリンパス」「ワールズエッジ」の3つで構成されており、「キングスキャニオン」と「ストームポイント」は今回のローテーションには含まれていませんでした。

ゲームモードの修正と快適性向上

APEX シーズン15ではゲームモードにも修正が行われ、例えばバトルロワイヤルではリング1の収縮を開始するまでの時間が調整され、ランクマッチの参加条件が変更されました。射撃訓練場でも新しい機能が追加され、未所持のレジェンドを試すことが可能になりました。さらに、利便性のアップデートにより、ランクへの参加条件が10レベルから20レベルに変更され、タブナビゲーションシステムと関連するUIが改善され、アップデート後のタブナビゲーションシステムの使用に関連する様々なメニューがアップデートされました。

新機能「ギフト」の実装

APEX シーズン15では新機能として「ギフト」が追加されました。これによりフレンドにギフトを送ることが可能になり、ゲーム内アイテムやスキンなどを贈り物として交換できます。ただし、送る際には一定の条件があるため、注意が必要です。

回復アイテムにステッカーを貼る機能

APEX シーズン15からは回復アイテムにステッカーを貼ることが可能になりました。シーズン15開始時には特定のステッカーがプレイヤーに配布され、それ以外のステッカーはストアで入手できるようになっています。

まとめ

これらの要素を踏まえて、エーペックスの最前線で戦うために知っておきたい情報をチェックし、戦場での戦略を練りましょう!ゲーム内の変更点、武器やアイテムの変更内容の詳細情報は公式ウェブサイトやアップデートノートを随時確認することをおすすめします。

あわせて読みたい:【APEX】シーズン14・新キャラ「ヴァンテージ」の特徴を紹介